中高年一人暮らし 気ままさと不安

質素倹約を好みます。 時々毒舌です。 
歳の割にはハードな生活をしています。
元来の低体温、低血圧に加え 2016夏より低体重域に突入しつつあり、
ならば堂々と低空飛行してやろうじゃないかといきがるおばさんです。

「おばさん、気落ちする」。の巻

こんばんは。


債権と債務について、その道のプロに現状説明をしアドバイスを受けたのが、今週初め。

「ああもう、そんなことで悩むなんて時間の無駄ですよ。 安心して下さい」とうれしいことを言ってくれていた担当氏が、トーン低めに「先日の件、ちょっと難しいですね」と言ってきた。


少し気落ちした。


昨日は銀行用件があったので、在宅での副業を午前中で切り上げ本業の会社へ向かう。

社用外出 ~ 休みを挟んで夕方から日次と残務整理の事務にとりかかる。

経費削減のためエアコンを使えない(扇風機もない)事務所で仕事をしていたら、段々と気分が悪くなり吐き気がしてきた。 とにかく蒸し暑かった。 顔中に汗汗汗

過去の経験からして軽い熱中症だと思う。


すごく気落ちした。 


おばさん、自分が可愛そうになってきた。

いつもなら、22時まで仕事するんだけど今日はやめた!

ばかばかしくて、やってられない!


帰宅して、いつもより早い夕食をとる。 軽めにとる。


吐き気は随分と治まったけど、気落ちはそのまま。

NSP、ふきのとう、大瀧さん・・・好みの曲を聴きながら副業の続きをした。

少し落ち着いた。

落ち込んでいる時にこれでもかと暗めの曲を聴くのが、おばさんの治療法です(笑)


そして、この時間。 でも、寝ます。

おやすみなさい。(新聞配達のバイクのエンジン音が聴こえてきた)

そして、今日も有難うございました。