中高年一人暮らし 気ままさと不安 悩ましい日常

質素倹約を好みます。 時々毒舌です。 
歳の割にはハードな生活をしています。
元来の低体温、低血圧に加え 2016夏より低体重域に突入しつつあり、
ならば堂々と低空飛行してやろうじゃないかといきがるおばさんです。

苦手なこと

週末のおばさんです。


持ち物について、飲食しようとしている物について、行ったことについて・・・その理由を根掘り葉掘り尋ねられることが、おばさんは苦手です。
いえ、どちらかというと嫌いです。
これは一人暮らしが長いからという訳ではなく、若い頃から苦手でした。
なぜ、このようなことを書いているか?


今の会社の年下女子先輩が、そのような言動を思いっきりぶつけてくるから(苦笑い)
入社以来およそ三ヶ月、日々ともに行動しておりますが(なぜなのでしょう?)、ずっとそのような言動の嵐でした。
お昼に頂くもの、飲んでいる物、持ち物、何をしていたかなどなど、「なに?」「なんで?」「どうして?」と質問の嵐です。
相手が子供ならば、おばさんも一つ一つ丁寧に答えましょう。
ですが、彼女は40代半ば。


ツライです。
三ヶ月はと、耐えてきました。
ですが、もう限界です・・・といいますか、彼女の場合はおばさんに向けてだけではなく、社内の所謂お偉いさんからパートさんまであまねくその調子で軽く話しかける始末。
中でも、何でも自分が知っていないとイヤ!?という感覚を強く持っているようで、知らないと即!顔色が変わりますね(笑)
側に居ますとハラハラいたします。
時には、「なんでも思ったこと、目にしたことをすぐに言葉にするものではないよ」と優しく諌めるのですが、聞く耳はお持ちにならないようです。


そのような日々が続く中、三つの出来事がございました。
もちろん、彼女の言動について。
それを区切りに一線を引いたやりとりをしております。
我慢の限界に達した、というところです。
あまりにも周りの状況を察しない、自分のことばかりを押し出す、他人のことをおもんぱかることのなさ、です。


もっとお若い、そうですねー30代前半の方であれば、おばさんが偉そうに「まわりのことを考えてね」などとやんわりとお説教なんぞをしたと思います。
ですが、40代も後半になる人にそれはあまりに外聞も悪かろうと思いまして。
そのようなことをするような齢ではございません。
いえ、そのような齢の方におばさんごときが説教じみたことをしたところで何か変わるのか?と自問自答をしながら、この三ヶ月ほどを過ごして参りました。
ここのところの気鬱の契機になったのも、かのお方の邪気のない?一言二言三言・・
が引き金になっておりました。
情けないことでございます。(もちろん、おばさんがです。)


多くの人間の中に身を置くということは、面白くもあり、煩わしくもあり。
おばさんの「今年の言葉」にいたします。


とても疲れました。
皆様、インフルエンザなどをもらわれませぬよう、お気をつけてお過ごしくださいませ。


おやすみなさいませ☆