中高年一人暮らし 気ままさと不安

質素倹約を好みます。 時々毒舌です。 
歳の割にはハードな生活をしています。
元来の低体温、低血圧に加え 2016夏より低体重域に突入しつつあり、
ならば堂々と低空飛行してやろうじゃないかといきがるおばさんです。

たくさんの人間が集まるといろいろ、ね?

毎日疲れ果てて帰宅しているおばさんです。


楽しいです!
心身ともに疲れてますけど!!
今までは本業と副業合わせると、一日の半分以上の時間をPCや書類相手に仕事をしていましたからね。


就業内容の詳細は控えますが、今度のところは動き回る、人と話す、PC作業もある。
その昔の医療機関での仕事部分もところどころ思い出しながらやっているので、
「あー!おひさしぶりー」とか「ほーほー」などと早くも独り言が飛び出していますよー
こっそりとね。
以前のような、「えー! なにこれ?」のようなマイナスな独り言ではないので良しと
しています。



でもね、大所帯の職場特有というか、やっぱりというか・・・
派閥というやつがあるらしい。
女性が多い職場特有なのかもしれないけど、いろんなことやものに気を遣う。
おばさんは老若男子相手の職場が長かったので、しばらくは体験しなかった感じですな。


思い出しましたよ、その昔の医療機関勤務の頃を(笑)
あの頃はおばさん初心者だったので、いちいち驚いていたなー


今度はね、あの頃のおばさんと同じ年齢くらいの女子のお話を聞いてあげる余裕が
できましたよ。
もちろん、女子と言えども先に入社なさっているので先輩です。
お話を聞くのはね、就業時間外、とても元気で明るい職場先輩女子です。


一方の話しか聞いていないので真相はわからないんだけどね。
どこかにすれ違いの原因が隠れていそう。
すんごい些細なことだったりすることが多いんだけど・・・。
先輩女子の話によると「えーっ!なんで?」「まったくねー!」なことばかり。
こんなことが少しずつ続いて、重なって、そして退職とか出社拒否とかに繋がっていくんだろうなと思ったよ。


おばさんったら、その先のことまで(お国の収入源のこととかさ)心配しかけたけど、
自分のこれからの方がもっと心配だろうが!ってことで中断しましたよ。
そんな段ではないってばね!
まあ、いろいろアリーナの実働一週間でしたよ。


久しぶりだったので書きたいことが山盛りでした。
書き足りないけど、眠くてしようがない。 突然ですが「おやすみなさいませ」☆