中高年一人暮らし 気ままさと不安

質素倹約を好みます。 時々毒舌です。 
歳の割にはハードな生活をしています。
元来の低体温、低血圧に加え 2016夏より低体重域に突入しつつあり、
ならば堂々と低空飛行してやろうじゃないかといきがるおばさんです。

話してみました。

雨降り地方のおばさんです。


昨夜の胃もたれから解放され、すっきりとした心身です。
心まですっきりしたのには理由があります。


昨夜のお好み焼き屋さんに一緒に出掛けた年下女子先輩は、以前「苦手なこと」に書いていた人と同一人物です。


初めに「自分のことは棚の上に置いて話すからね」と一言お断りをいたしました(笑)

ここ三ヶ月、共に行動する中で彼女を見ていて感じていたことを伝えたのです。
周りの人がどのように感じているか、言われているか、も。


何も気づいていなかったよう。
なぜかはわからないけど、「周りの人から無視されることがある」「あからさまに仲間外れにされる」などということが頻繁に起こっていたらしいのです。
おそらくその理由の大半は、
・就業中に大きな声で話す。
(彼女は元々声が大きく、甲高いので目立ちます。 本人も自覚はしているけど制御が
苦手なよう)
・上司、先輩、同僚関係なく軽い口調で話しかける。今風に言う「ため口」というもの。
・何にでも首を突っ込みたがる? 目にしたもの、聞こえたものについて、すぐに口に出してしまう。


周りの人の痛いほどの不快視線について
隣に居るおばさんは痛いほどに感じておりましたが、彼女は何も感じなかったそうで。
おばさんは言いました。
「貴方が、周りからどういうふうに見られても言われても気にしない主義の人なのか、
もしくは気づかない人なのか」。
それによっては、このようなことを貴方に伝えることが失礼なことになる。
貴方がまだ20歳代、30歳代のお嬢さんなら「もっと周りを気遣って」「わきまえを持って」「社会人としての一般的なことは守った方がいいよ」と、おばさんが説教もできる。


とても悩んだけど、貴方が歳の割に天真爛漫で邪気はなさそうな人に見えたから、失礼を承知でこのようなことを話すことに決めました。
入社以来三ヶ月、ずっと悩んでいたから今夜はすっきりしたわと。


ついでに、おばさんは基本的に単独行動が好きであることも伝えました。
就業中は別ですよ、協調性はございます。
あれですよ、女子特有の!
トイレに行く、食事をする、同じテーブルで休憩するなどなど(笑)
学童生徒さんのようにぴったりついて回られるのは、正直疲れます。
おばさんのこれまでの社会人生活において殆どそのようなことはなかったということを
昔語りして、「適当な距離感でいきましょうよ」と締めくくりました。


今回のことで彼女がどのように感じたかはわかりません。
周りからそのように見られていたことに驚いたような表情はしていました。
まあ、帰宅後はいつものように母親に今日の報告をなさるでしょう。
お母様も大きな声でハイテンションな方らしいので、おばさんの昨夜の行動について
二人で評価がなされる?(笑)


嗚呼、女は面倒くさい!!

おばさん、お好み焼きに悪戦苦闘?

こんばんは、おばさんです。


昨夕、職場の年下女子先輩とお好み焼きを食べに参りました。
場所は移転していましたが、昔とほぼ同じメニューで作り続けておられました。
若い頃は美味しく頂けたのに・・・小麦粉感が強く出ているように感じて、半分も食べないうちに胃もたれしそう。
悲しいかな、残せない世代のおばさんは、ビールに手伝ってもらいながら何とか食べきりました(笑)


歳をとってきて思うようになったのは、美味しいものを少しだけ頂きたい。
量はそんなに要らないんですよ。
でもそれだからこそ、美味しく頂けないと残念な想いがあとをひくのです。


そのお店の味が落ちた訳ではなく、おばさんの歳のせい。
その証拠に年下女子はぺろりと食べきりましたし、店内の若人も米飯とセットに
なった定食もの(関西だけではないんですねー!)を美味しそうに、あっという間に
食べきっていました。


次に行くことがあるか否かは別にして、次回からは半分は持ち帰りにするくらいの
気持ちで注文しようと思いましたね。
一枚全部はおばさんには無理というのがわかりました。
食べ終わる頃には冷え切って、ますます箸が進みませんでしたもの。


歳をとるってたいへんです(笑)
大変と言えば、地方によっては大変な冷え込みのよう。
みなさま、風邪などに掴まらないようにご用心なさってください。
おやすみなさい☆


甲状腺は異常なしと

早いですねー また週末のおばさんです。


前回は風邪ひきさんの多さに断念した甲状腺検査、今週前半に再度病院へ参りました。
結果は・・・日常の症状とは裏腹に低下気味とのこと。
(昔、摘出したことによるもの)


一安心、ではあるのですが、スッキリしない。
では、ここのところの急激な体重減少は何故?
よくよく考えてみたら、前職を退職したころからすると-6kg---
期間にすると、4ヶ月未満。


「職場環境の変化、睡眠不足、疲労」でこんなに痩せるものなんですか?」とドクターに詰め寄るおばさん。
「うーん、一概には言えないんですけどね。 これからも減り続けるようでしたら、一度大学病院でいろんな検査をしてもらった方がいいですね。 紹介状を書きますから」。


小さなクリニックなんかでは上(厚労省)から制限がかかるような検査も、研究が絡む機関では「甘い」というのは、おばさんでも聞いたことがある話だったけど・・・。


「大学病院あたりだと、怪しいと思われるものについてありとあらゆる検査をすることが許されるんですよねー」「でも、うちのようなところではねー」と、終いには町医者の
ボヤキ混じり(笑)


説明が一通り終わるころに、「上気道が腫れてますね。 風邪薬を出しておきますねー
熱も少しあるようですねー」とのお言葉。
検査料+風邪薬代、とても久しぶりに病院へ参りました結果がこれです。


しかも初診クリニック
今までは前職場近くのクリニックに十数年掛かっておりましたものでね。
そこへ通うことを考えますと時間は短縮でしょうが、待ち時間の長いこと長いこと。
さすが田舎・・・いえ郊外、お年寄りと子どもさんの多いこと。
あの時間を思えば、以前のかかりつけ医に診てもらった方が良いような気がしながら、
そして、もやもやを残したまま支払いを済ませたおばさんなのです。


うーーーん、すっきりしたい!
歳を重ねてきますと、せっかちになるのがよく理解できます。
残りの時間が短くなることを日々感じて生きていますからね。
それを乗り越えたら、また異なった「目」「精神」が養われ、ゆったりとなるのかな?
乗り越えられる人生を歩んでいきたいものです。


あー話がそれましたが、おばさんの体重増加運動&チェックはまだまだ続きます。