中高年一人暮らし 気ままさと不安

質素倹約を好みます。 時々毒舌です。 
歳の割にはハードな生活をしています。
元来の低体温、低血圧に加え 2016夏より低体重域に突入しつつあり、
ならば堂々と低空飛行してやろうじゃないかといきがるおばさんです。

お熱いのは流行らない?

こんにちは、おばさんです。


あっという間に卯月も終わりが近づいております。
早いですねー この調子だから「いつの間にかこんな歳になっていた」と呆然とするでしょうね!


この時期おばさんも私的部分でいろいろ忙しく、所属する機関やグループの歓迎会と称する飲み会が多いです。
そこで気づいたこと・・・近頃のお若い方々は何事にも冷めていらっしゃる?ように感じました。
まあ20代の方々は所謂「ゆとり」と呼ばれる世代、仕方ないのかなと思いもします。 
驚いたのは、30代の方々! おばさんたちがその年代の頃は公私ともにいつも何かに暑くなっていたように記憶しているのですが、諸事淡々としていらっしゃる。
落ち着いているとは少し違い、なんと申しましょうか・・・覇気が感じられない。
大げさかもしれませんが、うすら寒いものさえ感じました。


卑屈でもなければ、傲慢でもなく、おっとりとしている。
良い感じなんですけどね、若さ・躍動するこころみたいなものが感じられない。
これが、おばさん世代の先輩方なら素敵な様子なのでしょうけれどねー


外出前にどうしてもこれだけは書きたくて(笑)
今週はいつにも増して忙しくなりそうな予感がします。
がんばろー


皆様も、もちろんおばさんも! 今日も一日、無事に過ごせますように!