中高年一人暮らし 気ままさと不安

質素倹約を好みます。 時々毒舌です。 
歳の割にはハードな生活をしています。
元来の低体温、低血圧に加え 2016夏より低体重域に突入しつつあり、
ならば堂々と低空飛行してやろうじゃないかといきがるおばさんです。

あやつはいつもこんな生活をしているのか

今日は町内会の月例会議に出席


4時間ほど早めに退社し、集会所へ直行。
会議終了後、帰宅したのは21時少し前。 いつもなら、まだ会社にいる時間。
ラッキー 町内会のおかげで月一回得した気分になる安上がりなおばさん。 
(4時間は、他の日に振り分けて労働するから±0なんだけど)


録画番組なんぞをゆっくりと観ながらいただく粗食♡
何よりうれしいのは、日付が変わる前にいただけること。
日付が変わる前にシャワーも浴びることができ、副業の在宅仕事も終えてー
あーしあわせー しかも今夜は涼しいぞー


「99.9」もう一度観ようかなー
「真田丸」にしようかなー(笑)
真夜中に、一人頬が緩む変なおばさん
ひさしぶりにアルコールでも飲もうかなー♪



浮かれるしかないんだなー
あやつ=社長は、いつもこんな生活をしているのかと思うとはらわたが煮えくり返る。
業績不振はこのご時世いたしかたあるまい。
その結果の給料滞り、さもありなんというところ。


問題はそこからのあやつの言動。

社員には副業生活を強いているくせに己は毎日ハンコを押したように定時出退!!

労う言葉はない。かける言葉は「おつかれさーん」と「じゃっ、おさきにー」。

「この慮外者、成敗してくれる」と、卑怯を承知で背中からたたき切ってやりたい。


「ふっ、刃が穢れたな」と捨て台詞を決めたい、時代劇かぶれのおばさんでもある。